スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発

大飯原発が再稼働する事が決まった。


原発くんは放射性物質のゴミを出すんやわ。



311まで日本には54人も原発くんが生まれ、毎日ゴミを出してきたんやわ。

問題は、その放射性物質を捨てる場所を決めてないのよ。

だから、プールに沈めて冷やしてたんよ。

原発くんのゴミは普通のゴミと違って熱いねん。

めっちゃ熱を持っていて、それを冷やす為にゴミをプールに沈めてるんやわ。

それが地震によって、福島原発くん兄弟の長男、次男、三男、四男が地震や津波によって、家にためていたゴミが海に流れ日本や世界に垂れ流し状態になってもうたんや。

地震が起こった時に水をかけていたのは、ゴミがプールの中から顔を出したら、放射線が放出されて生きていけなくなるから水をかけてくれてはってん。

原発くんの弱点はこのゴミ処理やねん。

青森県の六ヶ所村にゴミの再処理場があるんやわ。

この再処理場はまだ正式に稼働はしてない。

なんでって何回、実験しても事故ばっかりで安全が確保出来ないからやねん。

今まで日本の政府は54人の原発くんから出たゴミを六ヶ所村に持っていて再処理をしようと思っててん。

でもな、この再処理をしたらとんでもない問題が生まれるんや。

それは、この再処理工場の役割はゴミを分解して、プルトニウムをとりだして、そのプルトニウムをまた原発くんに飲ませて、もう一回、電気を作る作戦なんや。

そやけどな、この分解作業をすると、普通の低レベル放射性物質が高レベル放射性物質が出来てまうねん。

そして、大問題が高レベルのを人間が近くに行っても大丈夫な低レベルにはどうするか?ということや。

昔の人が考えたの深く穴を掘って、そこにガラスの中にゴミを閉じ込めて保管することやってん。



しかーし、高レベルが低レベルに変わるまで、10万年。

10年ちゃうで、10万年。

ちなみに1万年前は縄文時代やからね。

今日本で、この高レベルを受け入れる場所はどこもない。

結局このやり方は地震国では辞めといた方がいいということになったんやて。

つまり、日本では処理の方法が無くなったということ。



六ヶ所村再処理工場や福井の高速増殖炉もんじゅの計画なんかヤメや。

風力や太陽光や地熱を含め、自然エネルギーの開発にお金を出したらええねん。。

大飯原発は動くんやが、みんなで省エネを楽しみながした方がええねん。。

いっぱい電気を使いながら、原発反対って言っても、今の政治家さんは物理的に動かすやろう。

自分達が処理する技術を持ってないのに、処理出来ない物を産み落としてゆくのは、未来の子ども達にお恥ずかしいかぎりや。

NHKニュース。
http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?movie=j_ohayou_20110703_1263


素晴らしいアイデアはみんなで共有すんねん。。

経費削減&省エネ&水銀灯より明るい光量!

これは、ぜひやってみるべしではないでしょうか~!

消費税をあげ、原発をこれから稼働していくんやったら、選挙をしてほしい。

もう一度、政治家を選ばせてほしいね。


だから、今こそ、政治にあきらめないでおこうね。

テンツクまんのメールを、少し変えてのせました。


ありがとうございまーす!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

粋造り大海

Author:粋造り大海
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。