スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一休さん

一休さんが亡くなる直前に、三巻の巻物を弟子たちに遺したんやって。

「私が亡くなった後本当に困った時にだけ、これを開けなさい…
それまでは絶対に開けてはならない」

っちゅうて、なくなったんや、

何年か後に、大問題が起こってん。
  
弟子たちは、一休さんが遺してくれた巻物のことを思い出して、巻物を見たんゃ。

すると、こう書かれてたんや。



一巻目・・大丈夫

二巻目・・心配するな

三巻目・・なんとかなる

それを見た弟子たちは、笑ってん。

「なんとかなる」と信じていたら、ほんまに「なんとかなる」
  
「なんとかなる」だけやのうて、人生は思いようで、本当は「なんとでもなる」んやって、思ったそうや。



己が選んだ道。己が決めた生き方。

それ以下でも、それ以上でもない人生を歩んできたし、これからも歩んで行くんや。

途中で何があっても、大丈夫。それは、それでよかったこと。

行く道に、こだわらず。行かなかった道にも、とらわれず。

深刻に考えて歩もうと、笑い飛ばしながら走ろうと、その道程は違っても、ものごとは、落ち着くところに落ち着くようにできとんのや。

人生には・・いろいろなことが起きんねん。

ちょうどいいときに・・ちょうどいいことが起きんのや。

そして、どんなに絶望的なことが起こってもや

「なんとかなる」

と思って、言葉にだすんや。

大丈夫、心配すな、なんとかなる。

尊敬するななちゃんの教えやねん。

一休さーん!

ありがとうございまーす。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

粋造り大海

Author:粋造り大海
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。