スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no title




江戸時代、お伊勢参りはすこぶる盛んで、庶民に旅行は許されなかったが、寺社参拝のためなら許されたんやて。



参宮者を、街道沿いの裕福な商店や寺は食事や宿泊をただで提供したという。

何と美しい日本の風景や。

宗派の違いや教派の違い
神と仏の違いさえなかったのではない。


日本人が神仏に手を合わせるのは、宗教ではなく宗教心や。



東日本大震災。


多くの人たちが感じているのは、今回の震災は、「精神の復興」ということ。

日本古来の美徳や、美風の多くが切り捨てられた。


しかし、今テレビで見ていると、涙のでるような素晴らしい発言をする被災者の方々が多くおる。

それは、大人や年配の方たちだけでなく、若い中学生や高校生までもがそうなんや。


「多くの仲間が亡くなったが、天をうらまず」と卒業式の答辞の中学生。

家も、車も、そして家族までもなくした方が、「自分は生かされている、何か意味がある」。

助け合い、絆、節約、公共心、我慢…


精神の復興でその芯となるものは、宗教心や。

何かの宗教に入信しろということやない。


今、生かされていることの意味をかみしめ、感謝や。

ありがとうございます。
プロフィール

粋造り大海

Author:粋造り大海
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。